陸上

山縣亮太のトレーニング方法に強さの秘密あり!

%e9%99%b8%e4%b8%8a

9月24日に行われた男子100メートル決勝にて、山縣亮太選手が日本歴代2位に並ぶ10秒00という記録を出しました。そして、2連覇という快挙!そんな山縣亮太選手の強さはトレーニング方法に秘密があるのでは?と多くの人が思っていることでしょう。今回は山縣亮太選手のトレーニングについて、色々チェックしていきたいと思います。

山縣亮太のトレーニングについて

陸上選手と言えば、主に走り込むことや体力をつけることを多くの人が考えると思います。山縣亮太選手も勿論、これらの練習をしていると思いますが、その他に体幹やウェイト、そして基礎トレーニングも大切にしているとのこと。

実は、2013年頃まではウェイトトレーニングをしてこなかった山縣亮太選手。と言うのも、余分な筋肉がついてしまい、走りに影響が出てしまうからです。しかし、最近では軽めのウェイトトレーニングをするようになり、順調に調子を上げています。腰回りの強化なんかも大切と言われています。

トレーナーの指導のもと、正しいトレーニングをすることで大きく成長できるはずですし、今後もさらに力を伸ばしてほしいですね!

そして、山縣亮太選手は、スタートダッシュが素晴らしい武器。スタートダッシュは非常に重要な部分ですので、ここをしっかりと鍛えることでタイムに大きく影響が出てきます。

多くの選手はスタート時、下を向いているのですが、山縣亮太選手は前を向いているとのこと。その理由として、背中が丸いとタイムラグができるからだそうです。さらにこの時、頭で考えていることがあると話していて、「目の前に目標物があってそれに向かってパッと手を伸ばすイメージ」。

こういった空想や考えなどもスタートダッシュの時には必要な要素なのでしょう。どの競技,スポーツでもイメージって非常に大切ですからね。

山縣亮太選手にはこれからも日本記録を目指して精一杯頑張ってほしいと思います。みんなで応援してあげましょう!

山縣 亮太 プロフィール

名前:やまがた りょうた
種目:短距離走
所属:セイコーホールディングス
生年月日:1992年6月10日
年齢:25歳
出身地:広島県広島市西区
身長:177cm
体重:73kg
<成績>
【オリンピック】
・100m 準決勝11位 (2016年)
・4x100mR 2位 (2016年)
【世界選手権】
・100m 予選22位 (2013年)
【アジア大会】
・100m 6位 (2014年)
・4x100mR 2位 (2014年)
【日本選手権】
・100m 優勝 (2013年)
・200m 6位 (2011年)
【自己ベスト】
・100m 10秒00(+0.2)
・200m 20秒41(-0.5)

関連記事

  1. %e9%99%b8%e4%b8%8a 【いわて国体2016】陸上の日程と結果速報!
  2. original サニブラウン 身長が伸びたことが世界陸上内定に繋がった!?
  3. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-16-57-22 世界陸上2017 100mと200m男子の結果速報!ボルトが世界…
  4. sports-wallpaper2009628192855203778010 世界陸上2017 放送予定と日程表!

ピックアップ記事

  1. High-School-Baseball-Japan1
  2. P8160455
  3. dimensions-soccer-goal_38f35f62de010cdd copy
  4. 長者番付2016
  5. d75d6c4fe647541197a05ff0aaca6048_s

スポンサードリンク

フィギュアスケート

  1. c89094f6b00947e6def599ed7ae779a4_s (1)
  2. %e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab
  3. %e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%82%a2

錦織圭特集

  1. 10-8_155570552
  2. us-open-live-broadcast-method-sub1
  3. 20160102125138

サッカー

  1. dimensions-soccer-goal_38f35f62de010cdd copy
  2. 624-football-tips
  3. 624-football-tips
PAGE TOP