マラソン

箱根駅伝2017 結果速報!優勝大学は!?

ぐんまマラソン

2017年も多くの人が箱根駅伝を楽しみにしているのではないでしょうか?2017年の箱根駅伝の結果はどうなったのか?速報で知りたい人が大勢いると思いますので、結果を速報でお伝えしていきたいと思います。果たして、2017年の箱根駅伝で優勝した大学はどの大学だったのでしょうか!?

【2017年】箱根駅伝 結果速報!

2017年の箱根駅伝。結果はどうなったのか?速報で確認していきましょう。

最終順位

順位 10区(23.0キロ)
1位 青山学院大(11:04:10)
2位 東洋大(11:11:31)
3位 早稲田大(11:12:26)
4位 順天堂大(11:12:42)
5位 神奈川大(11:14:59)
6位 中央学院大(11:15:25)
7位 日本体育大(11:15:39)
8位 法政大(11:15:57)
9位 駒澤大(11:16:13)
10位 東海大(11:17:00)
11位 帝京大(11:20:24)
12位 創価大(11:20:37)
13位 大東文化大(11:23:45)
14位 拓殖大(11:24:22)
15位 上武大(11:24:45)
16位 国学院大(11:28:44)
17位 明治大(11:29:17)
18位 山梨学院大(11:29:17)
19位 日本大(11:30:38)
20位 国士舘大(11:49:18)
OP 関東学生連合(11:31:29)

往路最終順位

順位 5区(20.8キロ)
1位 青山学院大(5:33:45)
2位 早稲田大(5:34:18)
3位 順天堂大(5:36:09)
4位 東洋大(5:36:25)
5位 駒澤大(5:37:46)
6位 神奈川大(5:38:11)
7位 中央学院大(5:38:19)
8位 上武大(5:39:13)
9位 創価大(5:39:24)
10位 日本大(5:39:54)
11位 帝京大(5:40:06)
12位 法政大(5:40:17)
13位 日本体育大(5:40:28)
14位 拓殖大(5:40:36)
15位 東海大(5:41:44)
16位 山梨学院大(5:41:56)
17位 明治大(5:44:42)
18位 大東文化大(5:45:29)
19位 国学院大(5:46:51)
20位 国士舘大(5:54:57)
OP 関東学生連合(5:49:45)
<4区>通過順位(上位5チームまで)
1位:青山学院大 4時間18分42秒
2位:早稲田大 4時間20分11秒
3位:東洋大 4時間20分34秒
4位:帝京大 4時間21分42秒
5位:創価大 4時間21分52秒
<3区>通過順位(上位5チームまで)
1位:青山学院大 3時間14分59秒
2位:早稲田大 3時間16分21秒
3位:神奈川大 3時間16分29秒
4位:東洋大 3時間16分42秒
5位:駒澤大 3時間16分46秒
<2区>通過順位(上位5チームまで)
1位:神奈川大 2時間11分18秒
2位:青山学院大 2時間11分56秒
3位:駒澤大 2時間12分13秒
4位:拓殖大 2時間12分32秒
5位:帝京大 2時間12分37秒
<1区>通過順位(上位5チームまで)
1位:東洋大 1時間3分56秒
2位:東海大 1時間3分57秒
3位:早稲田大 1時間3分59秒
4位:青山学院大 1時間4分00秒
5位:神奈川大 1時間0分1秒

※2017年1月2日,1月3日に速報で結果をお伝えします。

日程

<2017年1月2日:往路107.5km>
[第1区] 大手町 読売新聞社前~鶴見(21.3km)
[第2区] 鶴見~戸塚(23.1km)
[第3区] 戸塚~平塚(21.4km)
[第4区] 平塚~小田原(20.9km)
[第5区] 小田原~箱根町 芦ノ湖駐車場入口(20.8km)

<2017年1月3日:復路109.6km>
[第6区] 箱根町 芦ノ湖駐車場入口~小田原(20.8km)
[第7区] 小田原~平塚(21.3km)
[第8区] 平塚~戸塚(21.4km)
[第9区] 戸塚~鶴見(23.1km)
[第10区] 鶴見~日本橋~大手町 読売新聞社前(23.0km)

出場大学一覧表

<シード校>
青山学院大学
東洋大学
駒澤大学
早稲田大学
東海大学
順天堂大学
日本体育大学
山梨学院大学
中央学院大学
帝京大学

<予選通過校(結果順)>
大東文化大学
明治大学
創価大学
法政大学
神奈川大学
上武大学
拓殖大学
國學院大學
国士舘大学
日本大学

歴代優勝大学(2016年~2008年)

西暦 和暦 総合優勝校
2016年 平成28年 青山学院大学
2015年 平成27年 青山学院大学
2013年 平成25年 日本体育大学
2012年 平成24年 東洋大学
2011年 平成23年 早稲田大学
2010年 平成22年 東洋大学
2009年 平成21年 東洋大学
2008年 平成20年 駒澤大学

注目の大学

2017年の箱根駅伝、注目の大学はやはり青山学院大学でしょう。青山学院大学は2015年,2016年と2連覇中。2017年の今大会で優勝すれば3連覇となります。青山学院大学の強さは層の厚さ。どの選手もかなりの実力の持ち主。特に5区や6区で選手を苦しめる山のコースには下田選手や村井選手、小野田選手など強い選手が揃っています。

苦しいコースで他の選手よりも飛びぬけた実力の選手が1人だけでなく、2人,3人といるとチーム自体のレベルが一気に底上げされます。青山学院大学の3連覇にはかなり期待ができそうですね。

注目の区間

2017年の箱根駅伝で注目される区間はどこなのか?ほとんどの大学の監督は5区だと話しています。というのも、5区は山のコースとなっており、5区で良い走りができないと次の日の復路に大きく影響するとのこと。また、5区は順位変動が起きやすい為、重要区間と言われています。

4区が注目の区間だと答えるのは東洋大学の酒井監督。4区の走り、結果によって5区の走りが変わるとのこと。5区で勢いをつける為には4区が重要ポイントだとコメントしています。

そして優勝候補の青山学院大学の原監督は1区と言っています。やはり、スタート後の出だし、最初の区間が大切ということなのでしょう。最初の区間の走りによって2区以降の走りに大きく影響がでるかと思われます。チームの勢いをつける為には1区がとても重要だとわかりますね。

2017年も白熱した戦いを箱根駅伝で見ることができそうです。どの大学もどの選手も最後まで諦めずに全力で頑張ってほしいですね。選手全員、応援をしてあげましょう!

関連記事

  1. 奈良マラソン 別府大分毎日マラソン2017 結果速報!
  2. 富士山マラソン 東京マラソン2017 芸能人走者の結果速報や順位!1位になったの…
  3. ぐんまマラソン 天皇盃全国男子駅伝2017 結果速報!
  4. マラソン2 名古屋ウィメンズマラソン2017 芸能人の結果速報!
  5. 新潟マラソン 新潟シティマラソン2016 エントリーはお早めに!!
  6. マラソン 富士吉田火祭りロードレース2016のコースや高低差は?

ピックアップ記事

  1. High-School-Baseball-Japan1
  2. P8160455
  3. dimensions-soccer-goal_38f35f62de010cdd copy
  4. 長者番付2016
  5. d75d6c4fe647541197a05ff0aaca6048_s

スポンサードリンク

フィギュアスケート

  1. c89094f6b00947e6def599ed7ae779a4_s (1)
  2. %e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab
  3. %e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%82%a2

錦織圭特集

  1. 10-8_155570552
  2. us-open-live-broadcast-method-sub1
  3. 20160102125138

サッカー

  1. dimensions-soccer-goal_38f35f62de010cdd copy
  2. 624-football-tips
  3. 624-football-tips
PAGE TOP